健康食品の定義

最近の健康ブームに関して、外してはならない物の一つに、健康食品販売やサプリメント通販があります。
一般的には、健康状態の保持や増進に、役立つとされています。
では、具体的にはどの様な物なのかを確認して起きましょう。

情報を提供している、独立行政法人の国立健康栄養研究所では、安全と有効性に関するデータベースを公開しています。
また、監修された書籍に記載されている、Natulal Medicines が健康食品と翻訳されています。

いわいる健康(思考)食品と呼ばれる商品は、行政による認定を受けた保険機能食品と、業界団体より規格設定された健康補助食品に区分されています。
ここで言う団体は旧厚生省の指導を受けている、日本健康(栄養)食品協会を指しています。
これにより、1986年から健康補助食品の認定である、JHFAマークが発行される様になりました。

サプリメントの通販でも、粉末や錠剤などの医薬品と似た形状が多いが、あくまで食品であり、栄養素などを補う物を呼びます。
その他、飲食物の形態をとるカプセルなどもあり、動植物の抽出物を補給する事もあります。
健康な体は美肌 スキンケアにも、有効とされています。

健康食品に頼らなくても大丈夫!毎日充実バランスレシピ!

ヘルシーな食事やカロリーコントロールがはやり、たくさんの健康食品が出回っています。

忙しい中、サプリメントで栄養補給を考える人も多いはず。しかし簡単バランス食事は今の時代だからこそだれでも作れる。古き良き日本の食卓を現代アレンジしちゃいます。

3つの野菜レシピで完成する“やまとなでしこ”流お食事スタイル

1つめは定番サラダとして、夏ならカラダを冷やしてくれるきゅうりやレタス、トマト、パプリカなどの生野菜サラダ。冬場には蒸したレンコンやニンジン、キャベツ、きのこを使って温野菜サラダを。温野菜はシリコンスチーマーでたったの2分!

2つめは炒め物や煮物。夏は彩りピーマン炒めやもやし炒めなどでサッパリ口直しできる一品を。冬は根菜の使った煮物がほっこりできますね。あと一品レシピと検索するとレパートリーがたちまち倍増します!

3つめはお味噌汁。こちらは栄養が水溶性で摂れるきのこがおススメ。えのきだけ、しいたけ、しめじ、ぶなしめじ、なめたけ、入れる素材を変化させてもよし、豆腐や薬味と一緒に味わうもよし。きのこでしか摂れない栄養をキャッチして!

あとはメインの焼き魚と白ごはんがあれば完璧な一汁三菜バランスレシピ。余力があればお漬物も添えて。いかがでしょうか。3つコンロがあれば3~40分ですべて完成!健康食品には頼らないあなたらしい健康生活を始めませんか?

更新情報

◆2015/10/02
健康食品の定義の情報を更新しました。
◆2014/05/14
管理者情報の情報を更新しました。
◆2013/01/16
特保と栄機の情報を更新しました。
◆2013/01/16
食品区分の十年史の情報を更新しました。
◆2013/01/16
制度に関する検討会の情報を更新しました。